神奈川県に住む80代の日本人の女性が13日に死亡し、その後、新型コロナウイルスの陽性反応が確認された。

日本国内で、新型コロナウイルスに関連した死亡は初めて。

厚生労働省によると、神奈川県に住む日本人の80代の女性は、1月22日に倦怠(けんたい)感があり、28日に近くの病院を受診、2月1日に肺炎と診断され、別の医療機関に入院した。

6日に呼吸状態が悪化して、ほかの医療機関に受診したが、12日に呼吸状態が悪化し、13日に死亡が確認された。

12日、新型コロナウイルスの検査を行っていて、死亡後に陽性が確認されたという。

女性は、渡航歴はないという。