国会では、安倍首相のヤジに野党側が反発して予算委員会を開けなくなっていたが、週明けに安倍首相が陳謝することで、国会は正常化した。

安倍首相は、12日の衆議院予算委員会で、野党議員が質問を終えた直後、「意味のない質問だ」とヤジを飛ばした。

これを受け、野党の幹事長らが13日午前、会談し、安倍首相が謝罪・撤回に応じなければ、懲罰動議を提出することを確認した。

その後、与野党の国対委員長が断続的に協議した結果、週明け17日に予算委員会の集中審議を開いて、安倍首相が陳謝することなどで合意した。

立憲・安住国対委員長「以後、内閣総理大臣として、答弁席からの不規則発言については、厳に慎むと」

野党側は懲罰動議の提出を見送ったが、13日に予定されていた予算委員会が開かれないなど、国会日程に影響が出た。