新型コロナウイルスに感染していた神奈川県に住む80代の日本人の女性が、13日、死亡したことがわかった。

日本国内での新型コロナウイルスの感染者の死亡は初めて。

厚生労働省によると、神奈川県に住む日本人の80代の女性は、1月22日に倦怠(けんたい)感があり、28日に近くの病院を受診、2月1日に肺炎と診断され、別の医療機関に入院した。

6日に呼吸状態が悪化して、ほかの医療機関を受診したが、12日に呼吸状態が悪化し、13日に死亡した。

死亡後に感染が確認されたという。

また、東京都の70代のタクシー運転手の男性も新たに感染が確認されたが、80代の女性は、この男性の義理の母親だという。

そのほか、和歌山県の50代の男性医師と、千葉県の20代の男性の感染も確認された。

一方、チャーター機の第2便で帰国した199人は、検査で全員が陰性となり、14日以降、埼玉県の国の施設などから帰宅する予定。