新型コロナウイルスに感染した医師が勤務する和歌山県の病院に入院していた70代の男性も、ウイルスに感染していたことがわかった。

男性は、院内感染ではなく、別のルートで感染した可能性が高いという。

和歌山県によると、70代の男性は、2月1日に、発熱や嘔吐(おうと)などがあったため、6日に済生会有田病院に入院した。

その後、症状が改善されず、別の病院に転院し検査したところ、13日夜、新型コロナウイルスへの感染が確認された。

症状は重いという。

済生会有田病院では、男性医師(50代)も感染が確認されているが、男性が入院した日には、医師は、すでに自宅療養をしていたため、院内感染ではなく、別のルートで感染した可能性が高いという。

和歌山県・仁坂吉伸知事は、「入院患者で、肺炎でなんか変だという人がいないか調べるから言ってくださいと(指示する)」と述べた。

和歌山県は、肺炎などの症状が出ている医師と患者、あわせて3人についても、14日に検査する方針。

(関西テレビ)