覚せい剤などを持っていた疑いで逮捕された歌手の槇原敬之容疑者(50)が、調べに対し、容疑を大筋認めていることが新たにわかった。

槇原容疑者は、2018年4月、東京・港区のマンションで、覚せい剤およそ0.083グラムを持っていた疑いと2018年3月、「ラッシュ」と呼ばれる危険ドラッグを持っていた疑いが持たれている。

一緒に住んでいた所属事務所の元社長は、2018年、覚せい剤使用などで逮捕・起訴され、捜査員に対し、違法薬物があった部屋について「槇原の部屋です」という趣旨の説明をしていた。

逮捕後の調べに対し、槇原容疑者は容疑を大筋認めているという。

警視庁は尿鑑定も行っていて、薬物の入手経路についても調べる方針。