新型コロナウイルスの感染者が国内で相次ぐ中、加藤厚生労働相は、15日午後、緊急会見を行い、クルーズ船の乗客で70歳以上の高齢者について、一度、陰性が確認された場合、再度確認をせずに、19日から順次下船を開始すると発表した。

厚労省は、横浜港に停泊中の「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客のうち、70歳以上の高齢者を14日間の健康観察期間が終わる19日から健康状態を確認したうえで、問題のない人は、再度ウイルス検査をせずに下船するとしている。

また、陽性者や陽性者と同室の人を除いて、70歳未満の人について、16日からウイルス検査を実施し、陰性だった場合、同様の措置がとられるという。