三重県の高速道路で自損事故を起こし、ワゴン車から降りていた男性2人が、後続のトラックにはねられ、死亡した。

20日午前4時ごろ、東名阪道上りの四日市インター付近で、ワゴン車から降りて道路上にいた京都市の宮司・竹山晃大さん(28)と、滋賀・守山市の会社員・野玉琢真さん(29)の2人が、後続の大型トラックにはねられ、死亡した。

大型トラックの運転手(47)も、軽いけがをした。

警察によると、2人が乗ったワゴン車が自損事故を起こし、車から降りて、いったん路肩に避難したが、その後、2人が何らかの理由で車に戻ろうとして、はねられたという。

(東海テレビ)