茂木外相は、新型コロナウイルスへの対応に関して、中国・韓国の外相と3カ国間のテレビ会議を行い、感染拡大の防止に向け、保健担当相によるテレビ会議を早期に行うなど、協力を強化することで一致した。

茂木外相「事態を収束させるためには、3カ国のより専門的な保健当局の協力が重要であり、早期に保健大臣会合を開催すべき」

テレビ画面を通して行われた会議で、茂木外相は「国際社会の連携・協調が極めて重要だ」として、具体的な協力案を示した。

そのうえで、日中韓3カ国の外相は、医薬品の緊急融通やワクチンの開発状況の情報共有など4点の協力について一致した。

会議ではさらに、感染の拡大を防ぎ経済への影響を抑えるため、保健担当大臣のテレビ会議を早期に行うことでも合意した。

また、中国の王毅国務委員兼外相が「東京オリンピックが良い形で開催されることを期待している」と述べたのに対し、茂木外相が「新型ウイルスに人類が打ち勝った証しにする大会にしたい」と応じると、中韓両国の外相とも、「日本の立場を支持する」と表明したという。