21日正午すぎ、愛知・常滑(とこなめ)市で、乗用車が道路脇の用水路に転落し、乗っていた男女3人が死亡した。

午後0時40分ごろ、常滑市久米で、乗用車が道路脇の用水路に転落した。

通報で駆けつけた警察官が調べたところ、用水路に沈んだ車内から、70代くらいの男女2人と40代くらいの男性が見つかり、病院に運ばれたが、いずれも死亡が確認された。

現場は片側1車線の道路で、警察によると、転落した乗用車は、前を走っていた軽乗用車を追い越したあと、道路脇の用水路に転落したとみられるという。

警察は、3人の身元の確認を進めるとともに、運転手がハンドル操作を誤った可能性があるとみて調べている。

(東海テレビ)