東京都内で新型コロナウイルスの感染が確認されていた80代の女性が死亡したほか、新たに男性医師など、7人の感染が確認された。

東京都によると、死亡した都内の80代の女性は、3月11日から入院し、13日に感染が確認され、20日に死亡した。

都内では、新たに20代から50代の男性7人の感染が確認され、このうち、50代の男性は、3月1日から16日まで、フランスとイギリスを訪れていたという。

別の50代の男性は医師だった。

このほか、20日に感染が確認された20代の学生は、東京・新宿区の京王プラザホテルのアルバイトの従業員で、宿泊客の荷物を客室まで運ぶ業務を担当していたという。