3月17日、兵庫・尼崎市の路上で、70歳の男性が男にコンクリートブロックで殴られて殺害された事件で、警察は、無職の44歳の男を逮捕した。

殺人の疑いで逮捕されたのは、尼崎市に住む、無職の44歳の男。

警察は、男が精神疾患のため、氏名を公表していない。

男は3月17日午前11時すぎ、JR尼崎駅南口近くの路上で、近くに住む吉田修二さん(当時70)の顔をコンクリートブロックで殴るなどして殺害した疑いが持たれている。

男は犯行後、逃走を続けていたが、警察は、防犯カメラや周辺を聞き込みして捜査した結果、逮捕に至ったという。

警察によると、男は、吉田さんが運営していた介護サービスの利用者とみられ、警察は、男と吉田さんが面識があったとみて、動機などをくわしく調べている。

(関西テレビ)