さいたま市で行われている屋内の格闘技イベントをめぐり、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、政府が、開催自粛を促すよう要請していたことがわかった。

関係者によると、22日、さいたまスーパーアリーナで開催されている「K-1 WORLD GP」をめぐっては、ライブハウスでの集団感染をふまえ、政府が埼玉県に自粛を促すよう要請していたという。

主催者側は、来場者へのマスク配布などの対策をとったとして、予定通り開催していて、県は、参加者全員に氏名などの連絡先の記入を求めるという。