防衛大学校で22日、卒業式が行われ、安倍首相が訓示した。

2020年は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、卒業生の家族を招待しないなど、異例の卒業式となった。

安倍首相「卒業おめでとう!」、「防衛大学校史上初めて、このような形での卒業式となったことは誠に残念であり、卒業生諸官や関係者の方々に大変申し訳なく思う」

卒業式は、卒業生の家族や来賓を招待しないなど、例年およそ2,000人の出席者をおよそ600人に限定した。

また、卒業証書の授与も、全員ではなく、代表者に限定し、出席できない家族などのためにインターネットで中継した。

2020年の卒業生は、留学生を除いて417人で、任官辞退した35人を除き、陸・海・空の幹部自衛官への道に進む。