WHO(世界保健機関)協会の職員になりすまし、新型コロナウイルスの検査費用をだまし取ろうとした疑いで男を逮捕。

逮捕された静岡・袋井市の会社員・鳥居大輝容疑者(31)は21日午前、「日本WHO協会」の職員になりすまし、「このあたりでコロナウイルスの患者が出たので調べている」と住宅を訪れ、検査費として現金をだましとろうとした詐欺未遂の疑いが持たれている。

対応した男性が不審に思い通報し、発覚したという。

(テレビ静岡)