体の不自由な子どもたちの養護施設「ねむの木学園」を設立した、女優の宮城まり子さんが亡くなった。

93歳だった。

宮城さんは、歌手や女優として活躍し、1968年に、静岡県に「ねむの木学園」を設立して障害児教育にも取り組み、上皇ご夫妻とも長年交流があった。

宮城さんは3月に東京都内の病院に入院し、21日に亡くなった。

上皇ご夫妻は22日、弔意を伝えられたという。