大規模なイベントに対して続く、自粛要請。

そんな中、6,500人を集めて行われた、「K-1 WORLD GP」に非難の声が上がっている。

さいたまスーパーアリーナで、22日に開催された格闘技イベント「K-1 WORLD GP」。

およそ6,500人の観客が来場した。

埼玉県・大野元裕知事「法的にも止める権利もないので、ご協力をいただきたかったというふうに考えており、その点は残念です」

県や国は、イベント開催の自粛を求めてきたが、そうした声を振り切る形で大会は決行された。

国・県 K-1主催者「いろんな、そういったご意見があるのはもちろん理解していますけど、われわれとしては会場さんと話して、一番できる最大限の予防策、対応策を講じているので、大会をやろうと思っています」

主催者側は、県の要請に従い、入場者の中から感染者が出た際に追跡調査ができるよう、チケットに連絡先を記入することを求めた。

また、会場の入り口ではマスクを配ったほか、体温も確認。

会場内の換気などの対策を講じたという。

観客は「ところどころにアルコール消毒が全部置いてある」、「退入場するたびに毎回アルコール消毒」、「立ち上がらないでください、観戦静かに見てくださいというアナウンスが2試合に1回くらい流れていた」などと話した。

感染拡大が懸念される中での開催強行。

一夜明けた23日、ある政府関係者は、「あり得ないよ。国賊だろ。責任取れるのか」と、強く非難。

しかし、現状において、国や県にできるのは、強制力のない自粛要請にとどまる。

そうしたことから、元大阪府知事の橋下徹氏はツイッターで、さいたまアリーナで感染拡大すれば、政治の責任と指摘した。

街の人は「ハイリスクですし、僕が興味あるとしても今は行きたいとは思わないですよね」、「やめさすんだったら、政府が白黒(法律などで)つけた方がいいかなと思います」などと話した。

万が一、感染者が出た場合、主催者側は、会場サイドと連携するなどして迅速に対応したいとしている。

この3連休中、東京・練馬区では、としまえんが営業を再開。

開園を待ちわびていた、多くの親子連れが訪れた。

来場者は、入場前に体温をチェック。

ジェットコースターは、2時間ごとに消毒する。

来場者は「疲れるまで久々に外に出て遊べるので、ギリギリまで遊ぶと思います」、「(久しぶりに外出てどう?)楽しい」などと話した。

大喜びの子どもたち。

しかし、営業を再開したのは、屋外のアトラクションのみで、屋内の施設は営業休止のまま。

主催者や運営側に委ねられる判断。

感染拡大のリスクを前に、多くの関係者が頭を悩ませている。