23日も新型コロナウイルスの感染者が相次ぎ、各地で海外渡航歴のある人の感染例が明らかになった。

23日、新たに判明した感染者はあわせて40人。

東京都内の感染者には、共同通信社が業務委託契約をしている男性カメラマン(40代)も含まれていて、共同通信は、取材相手や関係者に感染の事実を伝えているという。

また、海外渡航歴のある感染者も相次いでいて、青森県で初めて感染が確認された70代の夫婦のうち、夫が3月9日から15日まで、ツアー旅行でスペインに渡航していた。