「子どもがいない生活は考えられなかった」と話していることがわかった。

タイ国籍のフルカワ・ルディーポン容疑者(41)は23日、東京・武蔵野市のマンションで、13歳の長男と10歳の長女を刃物で刺して殺害した疑いが持たれている。

警視庁によると、フルカワ容疑者は事件前、夫の母親から、「タイに帰りなさい」と離婚を迫られていたという。

調べに対し、「子どもがいない生活は考えられなかった。いっそのこと殺してしまおうと考えた」と供述している。