開催延期で、聖火リレーは中止となった。

大会組織委・森会長は、「東京2020オリンピック聖火リレーは、スタートせずに、今後の対応を検討する」と述べた。

東京オリンピックの大会組織委員会は、大会の開催が1年程度延期されることを受けて、26日にスタート予定だった聖火リレーを中止すると発表した。

そのうえで、新たな大会日程が決まった際に聖火リレーを再開するとして、現在選ばれている聖火ランナーについては、優先して採用する方針を示した。

また、聖火については、安倍首相から提案があったとして、当面は福島県に置き、その後はどこに置くか検討するとしている。

一方、福島県の内堀知事は、聖火が県内に置かれることについて、「喜んでお引き受けしたい」と話した。

また、個人的な意見としたうえで、聖火リレーの出発点だった「Jヴィレッジに聖火をともしたい」と述べた。

(福島テレビ)