東京オリンピック延期について、招致を主導した猪瀬直樹元都知事に話を聞いた。

猪瀬元都知事「各国選手団が選手を送れないということがでてきたので、これは延ばさざるを得ないと思った。今回のコロナ感染症の広がりは、戦争に次ぐ大きな影響力を持っている。それを乗り越えてやるのは、オリンピックの精神にのっとっていると思う」

一方、都心でも、さまざまな声が聞かれている。

男性「(前のオリンピックは?)補欠みたいな感じだった。(競技は?)マラソンです。もっと早く、あと1カ月は早く決めてもらいたかった」

大学生「チケットを買っていたので、悲しいというか...。(何を買っていた?)ビーチバレーです。当たって喜んでいたんですけどね。家族で。延期でそれ(チケット)が使えるならうれしいですが、使えないとちょっと悲しいです」