JOC(日本オリンピック委員会)の山下泰裕会長が“延期決定”から一夜明けて、25日午前、取材に応じた。

山下泰裕会長「今の世界での新型コロナウイルスの拡散状況を見ていると、決して安心・安全な環境とはいえない。わたしは1年というのは、1番妥当なところなのかなと思う」

また、1年程度の延期にともなって、競技団体によっては、選手選考の見直しが迫られる可能性については、「各競技団体がこれから早急につめていくところだと思う。その決定・決断というものを、われわれは当然尊重する」と述べた。