新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が、25日午後、神奈川・横浜港の大黒ふ頭を離岸した。

「ダイヤモンド・プリンセス」は、2月3日に横浜港に入り、乗客・乗員3,711人のうち、日本国内では、712人が新型コロナウイルスへの感染が確認された。

乗客・乗員の下船後、消毒作業が行われていたが、25日朝に検疫が終了し、午後2時ごろ離岸した。

このあと、横浜市内のドックで備品の搬入などが5月ごろまで行われる予定。