シベリア抑留者など戦没者の遺骨取り違え問題で、有識者からなる専門技術チームが報告書をまとめ、収集された遺骨の7割以上で、日本人の可能性が低いことがわかった。

報告書では、ロシアでの9つの埋葬地での収集された597人分の遺骨のうち、7割以上で日本人の可能性が低いとの鑑定結果が示された。

理由として、現地の方々の証言も、必ずしも正確ではなかったなどとしたうえで、結果として、9つの埋葬地のうち、7つが日本人を主体とした埋葬地ではないとした。