俳優の伊藤健太郎容疑者(23)が、10月28日夜に車を運転中、バイクと衝突して男女に重軽傷を負わせたまま一時逃走した事件で、警視庁は29日に伊藤容疑者を逮捕した。

伊藤容疑者は、28日の夕方、渋谷区内の交差点で車を運転中にUターンした際、対向車線を走ってきたオートバイに衝突。
女性が骨折するなど、乗っていた男女2人に重軽傷を負わせたという。

事故直後、伊藤容疑者は百数十メートル逃走したというが、事故を目撃した男性に諭され、数分後に現場に戻ってきたという。

警視庁は、伊藤容疑者がけが人を救護することなく、立ち去った疑いが強まったとして、ひき逃げや過失運転致傷の疑いで逮捕した。
調べに対し、伊藤容疑者は容疑を認めている。

伊藤容疑者の供述「交差点を転回する際に、対向から進行してきたバイクと衝突し、相手のバイクの運転手と同乗していた女性にけがをさせたことに間違いありません。ぶつかった後に現場から離れてしまったことについては間違いありません」

伊藤容疑者は29日、原宿署から東京湾岸署に移送されたが、その際はマスク姿のまま、車中で顔を受け向きにし、天を仰ぐような様子を見せたという。

加藤綾子キャスター「気になるのが、事故を起こしたあとに少し逃げているんじゃないかと思われるような行動だと思うのですが、これはどういった罪に問われるのでしょうか?」

フジテレビ社会部・平松秀敏デスク「ひき逃げとよく言いますけど、日本の法律に、ひき逃げ容疑とかひき逃げ罪ってないんです。こちらを見ていただきたいんですが、この2つ。過失運転致傷罪は人身事故を起こして相手にけがをさせる、そういう罪。もう1つは救護義務違反。これは事故に遭ってけがをした人を助けなかった。この2つがセットになって、ひき逃げ容疑、ひき逃げ事件というのです」

過失運転致傷罪(自動車運転処罰法)は、7年以下の懲役など、または100万円以下の罰金。
救護義務違反(道路交通法)は、10年以下の懲役、または100万円以下の罰金。

平松デスク「要は、事故を起こして相手にけがをさせたのに、そのけがした人を助けなかったというのが、ひき逃げ事件。今回は亡くなっていないので、過失運転致傷罪と救護義務違反、この2つに問われます。見ていただいてもわかるんですが、かなり悪質。日本ではひき逃げ事件というのは、かなり悪質な事件であるという捉え方をされているんですね」

加藤キャスター「目撃証言などでは、百数十メートルと、かなりの距離を逃走していたということなんですが、逃走してしまった悪質性というのが、量刑に影響してくるのでしょうか」

平松デスク「悪質かは悪質じゃないかというと、当然悪質です。ただ、いったん現場には戻っている。例えば、そのまま逃げて自宅にいて、証拠隠滅の何かをしたりというのではなくて、諭されたとはいえ一回戻っている。そうするとひき逃げ事件の中でいうと、そこまで悪質ではないのかもしれないという気がしますけど、相手が重傷ですからね。重傷ひき逃げとなると、かなり重い部類には確かになるんですよ。ここをどう今後、検察官が見るのかがポイントになってくるだろうと思います」

加藤キャスター「この事故なんですけれども、きのう(28日)の夕方に起きたんですよ。それがなぜ、きょう(29日)になって逮捕になったんですか?」

平松デスク「例えばですね。被害者の方が亡くなっていたり、重体だったりすると、間違いなくその場で現行犯逮捕されていたと思います。ほかのケースでいうと、例えばお酒だとか、そういうちょっと不審な態度が見られるようだと当然逮捕されていたでしょう。ところが、今回は逮捕されずに一回自宅に戻している。それはおそらく、この間に今回の事件が事故が本当にひき逃げなのかどうかというのを、現場をしっかり確認したりだとか、ほかに周囲にいた人から話を聞くなどして、これは本当にひき逃げなのかなっていうのを確認したうえで、じゃあ本人の言い分を聞こうということで、伊藤容疑者を呼び出して出頭させて言い分を聞いた。本人もひき逃げの意識を持っている。それで逮捕に至ったんだろうと思うので、慎重な捜査を踏んでいったうえでの逮捕だと思います」

加藤キャスター「表に出ている人だし、逃げる心配もないし、というところもあったのかもしれないですね。柳澤さん。事故を起こしてしまって気が動転してしまったというところもあるかもしれませんけれども、この事故についてはいかがですか?」

ジャーナリスト・柳澤秀夫氏「動転したという言い訳は通用しないと思います。何があっても現場を離れていけない。これが鉄則だと思うんです。そこがちょっと、今回の場合には諭されて戻ったということになると、諭されなければそのまま逃げてしまったんじゃないかとまで言われかねない。それと、あらためてですけど、ドライブレコーダーというものが、動かぬ証拠、決定的な瞬間をとらえているということでいうと、その役割があらためて大きいなと思いますね」

加藤キャスター「平松さん。伊藤容疑者の今後の捜査なんですけれど、どのような動きがあるでしょうか?」

平松デスク「きょう、東京湾岸警察署に身柄を移されました。あした(30日)送検されるんですけど、流れをまとめてみました。あした送検されます。検察庁に身柄を送られます。その後、検察官が取り調べをするんですよね。取り調べをして、伊藤容疑者をこのまま拘留して身柄を拘束してまで取り調べを続ける必要があるかどうかというのを、ここでいったん、検察官が判断します。もしもこの検察官が『これ以上身柄拘束する必要ない』と判断したとなると、あしたのこの時点でも、すでに釈放される可能性はある。ただ検察官が『いや、これは勾留つけてもらって、さらに取り調べをしよう』となると、今度は“勾留請求”という手続きをします。そうすると今度は、伊藤容疑者を拘留して取り調べをしてもいいかどうかという可否を、裁判所が判断することになります」

加藤キャスター「今のところ、釈放される見立ての方が強いですか?」

平松デスク「なんとも言えないですよね。きょうのフジテレビの取材ですと、『ひき逃げ事件というのは非常に罪が重いんだ』という検察幹部はいるんですよね。ただ、ひき逃げ事件の中でいうと、被害者の方が亡くなっていたりとか重体であるわけではないので、そこまでひき逃げ事件として重くないという判断に至れば、釈放される可能性もありますし。ただひとつ言えるのは、先ほど加藤さんがおっしゃったように、伊藤容疑者は逃げないので、おそらくあれだけ有名であれば。逃亡のおそれはないとなると、あした、ひょっとしたら勾留がつかずに釈放される可能性も十分あるんじゃないかなという気がします」