2,500万人分の新型コロナウイルスのワクチン。
初めて正式契約を結んだ。

今回、日本政府がワクチン供給について、初めて正式契約を結んだ相手は、アメリカのバイオテクノロジー企業「モデルナ」。

モデルナがワクチン開発に成功した場合、2021年上半期に4,000万回分、7月から9月の間に1,000万回分の、あわせて5,000万回分の供給を受けることになる。

このワクチンは、1人2回摂取するタイプのもので、あわせて2,500万人分となる。

このほかにも、現在、海外の2つの製薬会社と、それぞれ1億2,000万回分の供給を受けることで基本合意がなされている。