新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、10月31日に「ハロウィーン」を迎える。

31日、本番を迎えるハロウィーン。

30日午後9時半ごろの東京・渋谷駅周辺には、コスプレ姿で街中を歩く人が。

2020年もDJポリスや多くの警察官が投入され、例年同様の厳戒態勢が敷かれた。

毎年、ハロウィーン時期の渋谷駅周辺では、若者を中心に多くの人が集まって、酒を飲んだり、騒いだり。

まさに、3密の状態で、クラスターが発生するのではないかという懸念が広がっている。

ハロウィーン本番が土曜日になるのは、2015年以来。

その5年前の金曜日は、当時流行したキャラクターにふんした多くの人でにぎわっていたが、2020年は、コスプレをして街を歩いている人は少なく、警備にあたっていた警察官も、午後9時すぎには撤収した。

学生(20代)「(例年は)友達と仮装パーティーしていた」、「(ことしのハロウィーンの予定は?)ないです」

会社員(20代)「毎年渋谷に来ている。ずっと(仮装して)街を歩いていた」、「(きょうは)渋谷のレンタルルームを借りて、友達5人でハロウィーンパーティーをする」

街の風景も、これまでとは大きく違う。

2019年にハロウィーンの際に仮設トイレが設置されていた場所では、2020年は何も設置されていない。

ハロウィーンのときには毎年たくさんの人が集まる渋谷だが、2020年は「HOME HALLOWEEN」と書かれている。

街の至るところにポスターを貼るなど、さまざまな形で自粛を呼びかけていた。

さらに渋谷区では、もう1つの渋谷に集まろうと、呼びかけも行っている。

区公認の仮想空間として、5月からスタートした「バーチャル渋谷」。

28日からはイベントが開かれ、夜のスクランブル交差点は、カボチャのランタンなどで飾り付けられ、ハロウィーン仕様に。

利用者は、アバター上で仮装し、自由に散策できる。

イベントでは、さまざまなアーティストやお笑い芸人が、日替わりでライブ。

ステージ前には、多くの観客が集まっていた。

渋谷未来デザイン・長田新子理事「われわれが予想していた以上に反響があって、クリスマスや年末にかけてどんなことをしたらいいのかは、これから考えていけばいいと思っているし、コロナ禍で楽しんだ体験を、さらに実際に街に来て楽しめる、つなぐみたいなことを、われわれとしてはやっていきたい」

31日に本番を迎えるハロウィーン。

リアルとバーチャル、2つの渋谷は、それぞれどんな夜を迎えるのか。