巣ごもり生活でお菓子作りを楽しむ人が増える中、あの粉が大人気。

ふわふわな生地に、しっとりとした食感。
そして、バターと相性抜群の甘いシロップ。

子どもから大人まで、思わず頬張りたくなる、ホットケーキ。

40代女性「家にいて、することがないので、主人もいるので、2人で代わりばんこにホットケーキとか簡単なお菓子作ってます」

40代女性「ホットケーキとか一緒に作ったり、遊びみたいな」

巣ごもり生活が続く今、その時間を楽しく過ごそうと、ホットケーキなど、お菓子を作る人が増えている。

お店では...。

フードマーケットつばさ店長・久保田浩二さん「ベーキングパウダーですとか、もともとホットケーキミックスに入っている材料なんかも、同時に売れておりまして。コロナの影響で、お子さんが家にいる時間がすごく多くなったというところで、気軽に使える商品、作れて食べるというとことで、すごく需要が高まりました」

料理写真共有アプリ「SnapDish」の運営会社は、3月から4月中旬までの投稿で、2019年の同じ時期と比べ、急上昇したワードをランキングで発表。

「おうちカフェ」や「砂糖」、「バター」とお菓子作りに関連するワードがランクインした。

さらに、人気があるあまり、こんなことも...。

画面を埋め尽くす、「ソールドアウト」の文字。

フリマアプリに大量に出品されていたのは、ホットケーキミックス。

その中には、何袋もの商品が写真に写し出されたものや、シロップとセットで販売されているものまで。

問題は、その価格。

30日、スーパーで確認したホットケーキミックスは、1袋およそ230円。

それに対し、フリマアプリでは、同じ量で700円など、多くが100gあたりおよそ3倍の値段で転売されていた。

ステイホームを乗り切るお菓子作り。
巣ごもりが長引く中、対策が待たれる。