「暮らしを守れ 現場LIVE」。

緊急事態宣言解除初日になるはずが、一転、延長初日となってしまった7日、営業を再開したジムがある。

東京都内にあるフィットネスジム、「杉並 浜田山ジム パワーフィットスタジオZERO」。

こちらのジムでは、4月7日から1カ月ほど休業をしていたが、7日から営業が再開されたという。
担当の人に話を聞いた。

小澤陽子キャスター「緊急事態宣言が延長された中での営業再開となりましたが、どうして、このような決断をしたのでしょうか」

パワーフィットスタジオZERO・義田大峰オーナー「一番は資金面というところで、2020年1月にジムをオープンして、運転資金が十分にない中で、家賃が月々30万円と、人件費を入れたら60万円の支払いというところで、そこが一番大きいところです」

小澤キャスター「苦しい状況ということですよね。ただ、東京都の休業要請の対象にスポーツジムが入っていますので、多くのところが自粛をしている形になると思うんですが、批判の声もこうやって営業してしまうとあるんじゃないかなと」

義田オーナー「もちろん資金面もあるんですが、フィットネス自体娯楽ではなくて、健康増進に必要な産業だと思っているので、営業して、皆さんに健康を届けるということで決断しました」

小澤キャスター「営業にあたっての対策というのも講じているんですよね」

義田オーナー「入退場時のアルコール消毒だったり、トレーニング機材を使ったら、アルコールで床まで消毒するというのと、あとは『3密』を避けるために、本来12人使えるのですが、6人以下になるように、どの時間でもなるようにスケジュール管理をしています」

小澤キャスター「そして、利用のうえでの同意書も義務づけているということです。利用にあたっては、50歳未満であること、そして、糖尿病や循環器、呼吸器の病気の歴がないこと。これが条件となっているということです。いろんな対策を講じていますが、利用者の中には、こういったトレーニングというのも仕事のうちだということで、こうした営業再開はありがたい。ただ、自分の中ではしっかりと気をつけて対策を講じながら利用していきたいという声もありました」