西村経済再生相は、新型コロナウイルスの新規感染者数ゼロが続く17県を念頭に、5月14日をめどとした緊急事態宣言解除が視野にあることを明らかにした。

西村経済再生相「1週間(感染者数)ゼロの県が、17県となっている」

西村経済再生相は、14日ごろに開かれる予定の専門家会議で、緊急事態宣言の解除の基準について示す考えを明らかにしたうえで、14日をめどに感染者数ゼロが続く17県を念頭に、解除が視野にあることを明らかにした。

また、条件を満たせば、東京都や大阪府など、13の特定警戒都道府県でも緊急事態宣言を解除できるとの認識を示した。