新型コロナウイルスに対する不安から、医療従事者に対する差別や偏見が起きている。

FNNが取材した女性看護師も、保育園や友人などからの偏見や差別で苦悩していると語った。

女性看護師「『コロナの患者さんいらっしゃるんですか?』と聞かれることはありますし、プレッシャーには感じますよね」

こう語るのは、病院で新型コロナウイルスの重症患者を治療する現場に勤務する、女性看護師。

保育園に通う2歳の息子との、本来は大切な時間だったはずの送り迎えを控えているという。

女性看護師「保育園側も、すごくナーバスになっているので、自分の方から自粛しました」

女性は、医療従事者への差別が当事者の自分にではなく、夫に向けられたことに心を痛めている。

女性看護師「なるべく主人と飲み会とか、ちょっと避けてと、主人の友達の奥さんが言ったというのは聞いたりとかはしました。わたしのことを病院で働いているのを知っているので、わたしの家に来たりとか、関わったりとかをやめてほしいなと言ってたと聞いた」

傷つきながらも、この女性は、差別の原因がウイルスという見えない恐怖から来る不安にあると受け止めている。

女性看護師「わたしたち自身も、働いていて怖いと思うところはあるので、世間の人からしたら、本当に見えない恐怖というのはすぐ隣にあると思うと、過剰に反応してしまうというのも、とてもわかります」

今の外出自粛が医療現場を、そして自分自身を守ることにつながっていると訴える。

女性看護師「あなたや、あなたの家族が病気になったときに、救えるものがなくなってしまうことは本当に苦しいだけだと思うので、(医療従事者は)一生懸命頑張っていますので...。皆で1つにならなきゃいけない時だと思うので、あなたの自粛1つが、本当に人を救うっていうことにつながるんだよってことを、皆が持っててくれたらいいなと思います」

医療現場では、医師や看護師などの医療関係者が、自らの感染リスクと背中合わせで闘っている。

偏見や差別は、絶対にあってはならない。