東京都は、休業要請に応じず営業を続けている都内のパチンコ店15店の店名を公表した。

東京都が公表したパチンコ店15店は、度重ねて休業要請を行ったにもかかわらず、営業を続けている店で、新型コロナウイルス対策の特別措置法の45条に基づいたもの。

東京都が店名を公表したのは、今回が初めて。

都は10日以降、休業した場合には、店名を公表から削除するとしている。