2020年4月、岩手・奥州市の音羽山で、近くを散策していた人が、山林に散らばった人の骨を発見した。

司法解剖の結果、遺体の身元は、岩手・一関市の医療事務員・千葉恵さん(当時36)と判明した。

千葉さんは、2019年5月に自宅を出たきり帰宅せず、同居する家族から行方不明者届が出されていた。

現場には、衣服のようなものがあり、ほかに所持品はなく、靴も見つかっていない。

これまでのところ、警察と家族ともにトラブルは把握しておらず、警察では、死体遺棄事件として捜査本部を設置した。