二階幹事長らベテランが廃止を訴え、小泉環境相ら若手が維持を求めて対立している、自民党の「衆議院比例代表73歳定年制」が署名合戦に発展した。

25日、二階派の議員らが、定年制撤廃を求める署名活動を始めたのに対し、若手議員らが、新たに定年制堅持を求める署名活動を開始したことがわかった。

この文書では、定年制廃止について、「国民の理解を得られないのは明らか」などと指摘している。