九州各地では、27日未明から大雨となっていて、今後も土砂災害の危険が高まっている。

危険度を表す図では、午後5時現在、すでに警戒が必要な地域を示す赤色が、佐賀県や鹿児島県などに広がっている。

このあと時間を追うごとに、土砂災害の危険が高まる可能性がある。

今後の雨の見通しは、27日夜から28日の昼前にかけて、九州の南部で大雨となる予想。

同じ場所で強い雨が降り続く原因となる、「線状降水帯」がかかる可能性がある。

雨のピークは28日明け方ごろで、四国や関東にも発達した雨雲がかかる予想。

この先の予想雨量は、多いところで、九州南部で250mm、九州北部や四国で180mmなどとなっているが、大半は28日午前までに降る予想。

土砂災害に厳重な警戒が必要なほか、雨がやんだあとも、川の増水に警戒が必要。

これから、あたりが暗くなる夜の時間帯となる。

お住まいの地域の気象台や、自治体が出す最新情報の確認が必要となる。