活発な梅雨前線の影響で、九州では、27日から記録的な大雨となっている。

28日午前6時現在、大雨洪水警報が出ている鹿児島市。
午前4時半ごろまでは、激しく打ちつける雨が降っていたが、現在は、雨の降り方は落ち着いている。

鹿児島市街地を流れる新川は、水位が上がり、茶色く濁った水が勢いよく流れている。

鹿児島県内では、降り始めからの雨量が、さつま町紫尾山で315.5mm、鹿屋市吉ケ別府で278mmなどとなっている。

鹿児島県では現在、鹿児島市の磯・竜ケ水地区、姶良市の脇元白浜地区、垂水市の市木・水之上・海潟・牛根地区に避難勧告が出ているほか、避難準備・高齢者等避難開始も一部の地域に出されている。

29日午前6時までに予想される1時間雨量は、多いところで、薩摩・大隅地方、種子島・屋久島地方で60mmとなっている。

引き続き土砂災害などに警戒が必要。