東京都で28日、新たに60人が、新型コロナウイルスに感染していたことがわかった。

関係者によると、28日に都内で新たに感染が確認されたのは60人で、1日の感染者数が60人以上となるのは、5月4日以来。

都内の1日の感染者数は、6月24日が55人、25日が48人、26日が54人、27日が57人と、高い水準で推移している。

28日の感染者の詳細などについては、わかっていない。

西村経済再生相「東京の感染の状況を、しっかりとデータに基づき把握し、マッピングしながら、その対応を考えていきたい」

西村経済再生相は、東京の新規感染者が全国に占める割合が6割を超え、増加していると指摘し、「東京都から近県に広がってきていることを警戒している」と述べた。

そのうえで、新たなクラスターが発生していないか分析するなど、当面、東京を中心とした対策に重点を置く考えを示した。

一方で、緊急事態宣言の再指定などは考えていないと述べた。

一方、北海道・小樽市では、新たに60代から80代の男女など、あわせて14人の感染が確認された。

小樽市では、3つの飲食店で、「昼カラ(カラオケ)」によるクラスターが発生していて、この14人はいずれも利用客だという。

(北海道文化放送)

(フジテレビ)