高校生プロ棋士の藤井聡太七段(17)が、棋聖戦の第2局に勝利し、史上最年少のタイトル獲得に王手をかけた。

藤井七段は、初戦のスーツ姿とは違い、師匠から贈られたという落ち着いた色合いの夏物の和服を身にまとい、対局に臨んだ。

藤井七段は「現役最強」とも称される渡辺明三冠(36)を相手に、終始、対局を有利に進め、およそ9時間半にわたる勝負を制した。

藤井聡太七段「(和服は)長時間の対局では初めてで、実際着てみると思ったより快適で、普段通りにやれたのかな。五番勝負は“5局でひとつの勝負”と思っている。次も今までと変わらない気持ちで臨みたい」

2連勝となった藤井七段が、7月9日の第3局に勝利すれば、17歳11カ月という史上最年少でのタイトル獲得が決まる。