刑務所から出所したばかりの男が、東京・豊島区のゴミ置き場に放火した疑いで逮捕された。

斎藤学容疑者(52)は6月10日の早朝、豊島区内の小学校に隣接するゴミ置き場で、段ボールにライターで火をつけ、ガスボンベや新聞などを燃やした疑いが持たれている。

火は小学校の塀にも燃え広がり、駆けつけた消防隊が消し止めた。

斎藤容疑者は、放火事件で服役し、1週間前に出所したばかりだった。

警視庁の調べに対し、斎藤容疑者は「刑務所を出たばかりで生きていくことが面倒くさかった。警察に逮捕された方がましだった」と容疑を認めているという。