神奈川・横浜市で、道路がおよそ6メートルにわたって陥没した。

陥没が始まる瞬間をとらえた防犯カメラの映像からは、黒っぽく見える道路の端に入った亀裂が一段下がり、穴が広がったのがわかる。

30日午前5時半ごろ、横浜市大豆戸町の環状2号線で、「道路が陥没している」と、110番通報があった。

近所の住民「何かなと思って歩いてきたら、1メートル×4メートルくらい陥没していた。たぶん、だんだん崩れてきたんだと思う」

穴は、縦6メートル、横4メートルに広がっていて、現場付近では、鶴見方面に向かう道路が規制されている。

周辺の地下では、トンネルの掘削工事が行われていて、6月12日にも、およそ300メートル離れた場所で道路の陥没が起きている。