活発な梅雨前線の影響で、西日本や東日本の太平洋側で激しい雨となっている。

気象庁は厳重な注意を呼びかけている。

強い雨の範囲は、徐々に東に広がっている。

30日午前9時ごろの高知市は、前がはっきりと見えないほど、フロントガラスに雨がたたきつけていた。

香美市では、1時間に81.5mmの猛烈な雨を観測。
高知市でも、1時間に70.5mmの非常に激しい雨が降った。

午前6時ごろの鹿児島・霧島市は、道路が冠水し、車は水しぶきを上げていた。

九州や四国で30日朝に降った激しい雨は、活発な梅雨前線の影響によるもの。

そして、大雨の中心は、ゆっくりと東へ。

兵庫・神戸市では午前10時ごろ、大粒の雨が地面をたたきつけ、遠くがかすんで見えた。

午後4時ごろの神奈川・箱根湯本駅前は、瞬間的に雨が強くなり、風も吹いていて、路面を見ると雨が風に流されているのがわかる。

このあと東海や関東では、7月1日にかけ、警報級の大雨となるおそれがあり、土砂災害や河川の氾濫などへの警戒が必要。