ベテランと若手との間で対立が続いていた自民党の比例代表「73歳定年制」をめぐり、若手議員が事実上の勝利宣言を行った。

73歳以上の衆院選候補の比例代表への重複立候補を認めない自民党の「73歳定年制」については、ベテラン議員らから撤廃を求める動きが出たのに対して、維持を求める若手議員が猛反発し、双方の署名合戦に発展していた。

しかし、30日に行われた自民党の総務会では、党内の混乱を避ける思惑もあって議題にあがらず、定年制維持を訴えていた小林青年局長(37)は、議論の収束ととらえての事実上の勝利宣言をした。

自民党・小林青年局長「定年制の撤廃について、衆院比例定年制の撤廃について、そもそも提起をされていた先輩方から、今日、総務会で提起はありませんでした。この議論についてはもう議論の余地なし、今後もないという風に私どもとしては理解しました。われわれの意見としては青年局としてもそもそも定年制の堅持を求めてきたものです。与党にとっての話、党内の議論ですが、政府与党の問題ですから、与党自体の多様性が失われるのは国民全員が関わる問題になるという、私たちは危機意識をもって今後も(定年制)堅持は守っていきたいと思っています。実際、今回提起がなかったので議論は終了したと認識しています。(ベテランで廃止派の)平沢先生に、『これで終わりですね』と声をかけたら、『これで終わり』だとおっしゃいました。この議論はもうすべきではないとなったことは大きな意義があると思う。感謝申し上げたい」

そのうえで、小林青年局長は、若手議員らが集めた定年制堅持を求める署名も提出しない考えを明らかにした。

一方、定年制廃止が持論の竹本IT政策担当相(79)は、記者会見で定年制への見解を問われ、あらためて廃止の必要性を訴えた。

竹本直一IT相「大臣としてではなくて、私政治家個人としての見解でございますけれども、人生100年時代と言われるときでございますし、あらゆる制約、差別をなくして自由に競争して、そこで選挙民から選ばれた人が上がってくると、そういうような仕組みにするべきだと私は思っております。若い人はあらゆる可能性があるんですから。高齢者に制約をかけるような競争ですね、100m走るのに、高齢者だけにですね、10kgの重量を持たせて一緒に走って勝ったって意味が無い! ね、私は本当にそう思います。本当に自由に平等にやるべきだと思います」