活発な噴火活動が続く、西之島の最新映像。

中央火口から激しく噴出する黒色の噴煙。

これは、海上保安庁が、29日に撮影した西之島の映像。

噴煙が高度3,400メートル以上までに達し、溶岩が南西の岸から海に流れ出ている。

西之島の周りには、幅1,000メートル以上の黄緑色の変色水が分布していて、海保は、付近を航行する船舶に注意を呼びかけている。