BPO(放送倫理・番組向上機構)の放送人権委員会は、オウム真理教の麻原彰晃こと、松本智津夫元死刑囚らの死刑執行を報じたフジテレビの報道番組について、「人権侵害も放送倫理上の問題もなかった」とする見解を発表した。

フジテレビが、2018年7月に放送した報道特別番組について、松本元死刑囚の三女は、「死刑執行をショーのように扱った」などと、BPOに申し立てていた。

これに対して、BPOは30日、「番組は、戦後犯罪史上屈指の重大事件の首謀者らの死刑執行という極めて公共性の高い出来事を、公益を図る目的によって放送した」として、「人権侵害も放送倫理上の問題もなかった」との見解を発表した。

(フジテレビのコメント)
「われわれの主張が受け入れられたものと考えております。これからもより良い番組作りに努めて参ります」