とろとろの卵に、アツアツのカレー。
そこに、パプリカとカボチャなどの夏野菜。
 
作られていたのは、東京都内にあるカレー店「リトルヤミー」の一番人気、野菜がたっぷりとれるオムカレー。
 
彩り鮮やかな10種類以上の野菜が使われている。
 
店では、「野菜いっぱい食べたくて」との声が聞かれた。
 
女性にも大人気のこのメニューに欠かせない、夏野菜。
 
しかし店は、今ある問題に直面していた。
 
リトルヤミー・結城良宏代表「国産は、天候不順で値上がりしている。(場合によっては値上げを?)せざるを得ないときが来るかもしれないけど、値上げは最後の手段」
 
なんと、カレーひと皿のうち、ほぼすべての野菜の値段が高騰。
 
その訳は、梅雨前線や湿った空気の影響で、6月下旬から続いている日照不足。
 
7月12日までの20日間の合計日照時間を見てみると、平年の60%以下とされる地域が、特に東日本を中心に広がっているのがわかる。
 
東日本では今後、10日程度この状態が続く見込みだとして、気象庁は注意を呼びかけている。
 
神奈川県の三浦半島で、野菜作りに励む農家の石井孝太郎さんも、お日さま不足に頭を悩ませていた。
 
夏野菜の代表・ナスは、雨の影響でカビにやられ、廃棄せざるを得ないものもあるという。
 
ザ・作兵衛 石井孝太郎さん「雨がずっと続いているので、虫の防除もできなくて、葉っぱのところどころ穴があいて、食べられてしまったりとか。やっぱり太陽がないと困っちゃいますよね。早く梅雨が明けてほしいですよね」
 
市民の台所も直撃しそうな野菜価格の高騰。
 
実際に、都内のスーパーを訪ねると...。
 
普段は3〜4本で98円のキュウリは、2本で98円となっていた。
 
店によると、今が旬のカボチャも値段は、2019年のおよそ2倍。
 
ナスも2019年より高く、夏野菜の値段は、軒並み高騰していた。
 
店では、「かご盛りとかがあって、それが意外と新鮮で安かったんだけど」との声が聞かれた。
 
スーパーイズミ・五味衛社長「夏野菜が本当に、キュウリ、トマト、ナスが高くて困っちゃう。八百屋さん泣いてますよ」
 
さらに今後、気になるのが...。
 
記録的な大雨の被害が、九州の地元農家などにも及んでいることから、九州産野菜が流通する時期に大きな影響が出かねないという。
 
街では「去年とか台風のあととか(で高く)、いろいろあったように思う」、「早く梅雨が終わってくれないと、被害に遭われているところも大変でしょうし」などの声が聞かれた。
 
今後、長引くおそれもある野菜の高騰。
 
家計への影響拡大が懸念されている。