新型コロナウイルスの感染拡大の影響による解雇や雇い止めが、見込みを含めると6万人を超えたことがわかった。

厚生労働省によると、解雇や雇い止めは23日時点で6万0,439人となり、20日余りで1万人増えている。

業種別では、製造、宿泊、飲食、小売りの順に大きく影響を受けていて、非正規の労働者を中心に厳しい状況が続いている。