ゴーン被告、ルノー会長を辞任 後任にミシュランCEO

ゴーン被告、ルノー会長を辞任 後任にミシュランCEO

日産の前会長、カルロス・ゴーン被告が、ルノーのトップを辞任。

フランスのルメール経済・財務相が、メディアのインタビューで明らかにしたもので、ゴーン被告は、23日にルノーの会長とCEO(最高経営責任者)を辞任したという。

ルノーは、日本時間24日午後、取締役会を開き、辞任を了承するとともに、新体制を決めるとみられる。

後任の会長には、タイヤ大手、ミシュランCEOのスナール氏が、また、CEOには、日本での職務経験があり、現在、ルノーのCEO代理を務めるボロレ氏が就任する見通し。

一方、日産は、ゴーン被告とグレッグ・ケリー被告の取締役の解任と、ルノーが選任する日産の取締役1人を決めることに目的を限定した臨時の株主総会を、4月中旬に開催する方向で検討を始めたと発表した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

FNN PRIMEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索