「最高人民会議」4月11日開催へ 金正恩氏 新ポスト就任可能性

「最高人民会議」4月11日開催へ 金正恩氏 新ポスト就任可能性

北朝鮮メディアは22日、国会にあたる「最高人民会議」が4月11日に開かれると伝えた。

「最高人民会議」は、内閣の人事や予算などを審議・承認する目的で開催されるが、実際は、朝鮮労働党の決定を追認する場となっている。

例年4月に開かれていて、2019年も4月11日に平壌(ピョンヤン)で開かれることが発表された。

3月に行われた最高人民会議の代議員選挙では、これまで代議員を務めていた金正恩(キム・ジョンウン)委員長が当選者に含まれておらず、韓国メディアは、2019年の最高人民会議で、憲法改正などの手続きが踏まれ、金委員長が新たなポストに就き、指導部の体制を改編する可能性もあると指摘している。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

FNN PRIMEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索