河野防衛相は、訪問先のアメリカで行った講演で、この春に予定されている中国の習近平国家主席の国賓としての日本訪問を歓迎するためには、中国が尖閣諸島などをめぐる問題を改善する努力をするべきだと指摘し、中国をけん制した。

講演で河野防衛相は14日、沖縄県の尖閣諸島周辺で中国の公船が毎日のように活動していることに強い懸念を示し、「習近平国家主席の訪問を心から歓迎したいが、中国は、わたしが指摘した問題点について改善すべきである。そうでなければ、訪問する環境づくりが難しくなるかもしれない」と述べた。

河野防衛相は、中国は、南シナ海や東シナ海で、一方的な現状変更を既成事実化しようとする姿勢を変えていないと指摘し、「見過ごすことはできない」と訴えた。

そのうえで、「中国が自由や民主主義、法の秩序といった国際規範をないがしろにするなら、国際社会と連携して、中国に相応のコストを支払わせる状況をつくる必要がある」と強調した。