24日未明、国内で2例目になる新型コロナウイルスによる感染者が確認された。

一方、中国当局は、今回の肺炎による死者が26人となり、発症した人は、800人を超えたと発表した。

中国政府は24日朝、これまでの死者が25人になったと発表。

その後、東北部の黒竜江省でも、新たに1人が死亡したことを明らかにした。

死者は、武漢がある湖北省以外では2人目で、これにより、死者数はあわせて26人になる。

また、発症した人は830人で、西部の青海省やチベット自治区などを除き、中国のほぼ全土で確認された。

23日、重い肺炎を発症したことが明らかになった、武漢市在住の日本人男性については、新型コロナウイルスによるものかどうか、確認が続いている。

武漢市は、23日、全市を事実上の封鎖状態にしたが、中国当局は、さらに封鎖の範囲を周辺の7つの市にも広げ、感染拡大の防止を図っている。