各地で入港を拒否されたクルーズ船がカンボジアの港に接岸し、乗客らは14日にも下船する見通し。

日本人5人を含む2,300人ほどが乗るウエステルダム号は13日夕方、シアヌークビルの港に入った。

体調がすぐれない乗客20人の血液検査が行われたが、地元当局は、新型コロナウイルスの感染は確認されなかったとしている。

乗客らは、早ければ14日朝にも下船し始めるとみられ、チャーター機で首都プノンペンや国外に移動する予定だという。